お腹が張る 症状 原因 治療法

お腹が張る症状の原因と治療法について

スポンサーリンク

お腹が張る症状の原因と治療法についてご紹介いたします。
お腹が張る原因は、主に腸内のガス過剰、もしくはガス排泄の低下に分けられます。
食物繊維や糖質または炭酸飲料などを過剰に摂取することで、腸内では大量のガスが生成されます。
またストレスによる自律神経の乱れや、便秘などにより、腸内環境が悪化することでも、腸内ガスが過剰になります。
腸内ガス過剰の症状を改善するためには、糖質や食物繊維の摂取量を調整すること、ビフィズス菌や乳酸菌といった腸内で善玉菌として働く細菌類を摂取すること等が挙げられます。
またストレスを溜めないために、規則正しい生活や、適度な運動を心がけるのも良いでしょう。
自律神経を整えるためには、日光を浴びることや、リズミカルな運動を行うこと、しっかりと睡眠を摂ることが重要になります。
以上が、腸内ガス過剰の原因と、その治療法です。
次項においては、腸内ガスの排泄低下による腹部膨満感について説明いたします。

スポンサーリンク

お腹が張るもう1つの要因である「腸内ガス排泄低下」についてご説明いたします。
腸内ガスの排泄が低下する理由は、過食や暴飲暴食、もしくは胃炎やストレスなどと言われています。
食事の摂取量が多くなれば、排せつする前に次の食物が入ってくるため、胃腸は消化不良を起こし、その働きは低下します。
胃腸の働きが低下することで、腸内ガスを排出する力が弱まるため、結果的に腸内には大量のガスが溜まることになるのです。
そのため、絶えずお腹が張る状態が続くことになります。
また胃炎やストレスによって胃腸の働きが低下した場合も、同様の症状に見舞われることがあります。
腸内ガスの排せつ低下による腹部膨満感の治療法は、暴飲暴食を避けること、ストレスを解消して腸内環境を正常に保つこと、胃腸炎の専門的な治療を行うこと等が挙げられます。
また腸内ガスの排せつ低下は、排泄過剰型に比べて、様々な病に繋がる傾向があるため、思い当たる人は早めに病院に行くのが良いでしょう。

スポンサーリンク