お腹 張る 痛い ガス抜き

お腹は張るし痛い場合のガス抜きの仕方

スポンサーリンク

よく、便秘になるとお腹が張る症状が出ます。
それは、長く排便されずにお腹な中に溜めておくとそこから悪性のガスが発生するために起こります。
また、痛みも伴うので日常生活に支障が出ることもありますから出来るだけ排便リズムを乱さない生活習慣にすると良いです。
排便をスムーズにするために、まずは食生活の見直しをすると良いかと思います。
毎日しっかりと野菜や果物、発酵食品を摂取していれば腸内環境も自然とよくなります。
しかし、不規則な食事やお肉や甘いものをたくさん食べる習慣があると腸内環境も悪くなりガスが溜まり張ってきます。
なので、そういったことがないように出来るだけ毎日たくさんの野菜や発酵食品を摂取する必要があるのです。
食事が不規則な場合は、サプリなどで腸内環境を整えることも出来るので活用してみると良いと思います。
食生活はもちろん、有る程度の筋力をつけるためにも適度に運動すればより健康的な生活が出来るようになります。

スポンサーリンク

どうしてもお腹が張って痛い時は、ガス抜きをすると気分も楽になります。
ガス抜きの方法は簡単で、まず椅子に腰掛けます。
背筋を伸ばして腸の裏側にあたる腰の部分を軽くトントンと叩いてあげます。
そうすると叩いた振動でガスが割れて張る症状や痛いのも緩和されると思います。
これはどこでも出来るものですから、仕事中でも簡単に行えて便利です。
このガス抜き方法を知っておけば、お腹が張る時や痛い時もすぐに辛い状態から解放されます。
もちろん、お腹が張ることのないように日頃から気をつけて生活すると毎日楽しく過ごせます。
便秘解消は、規則正しい食生活と睡眠、適度な運動で解消出来ますが、それでも中々治らない場合は便秘に効くサプリメントや乳酸菌飲料などをこまめに摂取すると良いです。
また、正しい排便リズムをつけるために朝決まった時間にトイレに座るだけでも十分効果はありますしお腹をのの字にさすったり腰を捻る運動をすると腸も元気よく動き出してくれるようになります。

スポンサーリンク