生理 お腹 張る 痛い

生理宙にお腹が張ることや痛いと感じるには理由がある

スポンサーリンク

生理前やその期間にお腹が張るのには理由があります。
それは、子宮が膨張することにより痛いと感じたり張るようになってしまうのです。
なぜ子宮が膨張するのかというと、卵巣の活動が盛んになり子宮に養分が蓄えられるからです。
またそれだけでなく子宮が膨らむことにより腸が圧迫されてしまい、動きが鈍くなってしまいます。
動きが鈍くなった腸に老廃物などが残ってしまい、便秘気味になるだけでなくガスがたまりお腹が張るという仕組みになってしまっているのです。
生理前などに子宮が膨張することは避けられませんが、腸の動きを活発にすれば痛いと感じることも緩和させることができます。
そのために有効な方法がいくつかあります。
まず、お腹を温めてあげることが大切です。
腸をあたためてあげることにより直接動きをサポートすることができるからです。
お風呂にゆっくり入って温めることはもちろん、腹巻を利用したり湯たんぽなどで温めることも有効です。

スポンサーリンク

温めるだけでなく、直接動かすのも有効です。
お腹の辺りをマッサージしてあげたり、腰をひねってストレッチするだけでも楽になることもあります。
マッサージする際にはゆっくりと時計回りに手でさすって丸を描きます。
何回か繰り返してあげると、老廃物やガスなどが排出されやすくなります。
また、生理前や整理期間中はむくみやすいので水分補給量を注意することも必要です。
水分補給するなら、普通の水よりもハーブティーなどがおすすめです。
ハーブティーの中でもミント系のものやカモミールは、腸の動きを活発にしてくれる作用があったり、張りを解消してくれるものもあるので自分にあったものを選んで飲むことが大切です。
また、これらの方法を行っても解消されない、痛いとひどいと感じるなら別の理由が原因の場合があります。
子宮内膜症や子宮筋腫などの病気の可能性もありますから、辛いのであれば無理せずにお医者さんに診てもらうことも、大切な対策の一つとなっています。

スポンサーリンク