お腹 張る 妊娠中 どんな感じ

妊娠中にお腹が張るとはどんな感じなのか

スポンサーリンク

妊娠中に定期的に受ける妊婦健診で、お腹が張ることはありますか、張ったら安静にしてくださいと言われることが多いです。
しかし、そう言われても張りがどんな感じなのかわからないという人は多いです。
張りは感じやすい人もいれば感じにくい人もおり、頻繁な人もいればあまり張らない人もいます。
張りには何となく張っているものと子宮が収縮して硬くなるものがあります。
張っているにもかかわらず無理をすると、切迫早産などのリスクが高まりますので、張るとどんな感じなのかを知り、無理をしないようにしたいものです。
お腹が張るとはどんな感じなのかですが、ふだん柔らかいお腹が、触ってみるといつもより硬かったり、突っ張る感じがします。
便秘や食べ過ぎに似たお腹の苦しさです。
また、軽い痛みを伴うこともあります。
妊娠中にお腹が張る原因は、長時間の立っていたり、疲れるほど運動したり、仕事で無理をしたり、疲れるような生活をしたりするなどです。
張りを感じたら、横になれる状況なら横になり、それが不可能なら椅子に座るなどをして、なるべく安静にします。
安静にして治まるなら問題ありません。

スポンサーリンク

しかし、問題となるお腹の張りもあります。
それは、切迫流産や切迫早産、常位胎盤早期剥離(赤ちゃんを分娩後に体外に排出されるはずの胎盤が分娩前にはがれてしまうこと)などの場合があります。
激痛を伴う、出産間近でもないのに頻繁に張る、安静にしても30分以上おさまらない、張りが何日も続く、出血したり下着が汚れる、胎動の減弱・喪失が見られる場合は、すぐに医療機関を受診するようにします。
張りは、妊娠初期は子宮への血流量が増えて筋肉が伸び、子宮を支える靭帯などが引っ張られて張りを感じることがあります。
これは生理的なサインです。
妊娠中期は、胎盤が完成して安定期になり、子宮への血流量が増え大きくなるので、張りがわかりやすくなります。
この時期になると子宮収縮が不規則に起こりますが、子宮口が開いていなければ大丈夫です。
妊娠後期になると頻繁になってきます。
これも自然なもので、安静にして収まるようなら心配する必要はありません。
張りがどんなものか知り、無理のない生活をして、無事出産できるようにしたいものです。

スポンサーリンク