お腹 突っ張る 痛み

お腹が突っ張る痛みの原因

スポンサーリンク

お腹が突っ張ると痛みや苦しみで食欲もなくなり、何かする意欲もなくなり生活に支障が出ることもあります。
お腹の突っ張る痛みの原因がわかるとその対処法もわかってきます。
お腹の張っている原因として考えられるのは、まず呑気症と言って食事の時に過剰に空気を飲み込んでしまったり、他の様々な病気によって胃腸の働きが悪くなることです。
つまり腸内ガス過剰型と腸内ガス排出低下型の2つのタイプがあるのです。
腸内ガス過剰型は食事中におしゃべりしすぎたり、急いで食べたりすると空気を必要以上に摂り過ぎてしまい腸内にガスが溜まって起こります。
食事の内容も問題ででんぷんや糖質の摂り過ぎや炭酸飲料の飲みすぎも突っ張る原因となります。
腸内ガス排出型は、胃腸の血流障害や炎症および暴飲などが原因で起こります。
空気を過剰に摂取して呑気症になるのを防ぐためには、基本的なことですが、食べ物をよく噛んで食べることで早食いしたり炭酸飲料の飲みすぎに気をつけます。
生活習慣の改善も大事でお腹の突っ張る痛みがあるときは、豆や芋を食べるのは控えベルトで身体を締めつけないようにします。
また薬物療法で消化器の運動をよくする場合もあります。

スポンサーリンク

急性胃炎などの腸内ガス排出型低下型の対処法は食事は消化がよいものを摂るようにして、しばらく横になるなどして静かに過ごすことですが、病院で診察を受ける方が安心です。
急性胃炎の原因は暴飲暴食やピロリ菌やストレスなどで、制酸剤や胃の粘膜保護剤などで治療していくことが多いです。
慢性胃炎の場合は、ヘリコバクターピロリ菌によることがほとんどで抗生剤による除菌治療で対応します。
胃下垂などの胃腸が原因のときは、食事の量を減らしたたり食生活の改善で対応していきます。
ストレスが原因でお腹の張りや痛みが出るときは、医師に相談して効果的な薬を処方してもらうようにします。
腸閉塞の場合は速やかに病院へ行き、原因を特定して改善していきます。
大腸がんは初期の段階では自覚症状がなく本人も気づかないことが多いのですが、健康診断を定期的に受けて早期発見につとめ治療が早いほど生存の可能性が高まります。
胆嚢炎などの胃腸以外の臓器の調子が悪くなっても、張りや痛みが出ることがあります。
そのような病気になったときは、症状に応じて点滴や手術で対応します。
そしてお腹の突っ張る痛みがあるときに行く病院は、内科か消化器内科に行って相談するようにします。

スポンサーリンク