お腹が張る 気持ち悪い

お腹が張る症状や気持ち悪い原因と治療方法について

スポンサーリンク

お腹の中には様々な内臓があり、食べた物を消化するなど毎日忙しく働いています。
毎日忙しく働いているので時には調子が悪くなりお腹が張ったり、また気持ち悪いなどの症状が出る事があります。
お腹が張る原因は様々ありますが、女性に多いのが便秘です。
便秘になると腸内に便が溜まった状態になるため張って苦しさや気持ち悪いと感じるようになります。
また便は長い間腸内にとどまると有害なガス出すようになり、身体中に流れてしまうので様々な不調が起こってしまうのです。
また他にもガスが溜まる事によってお腹が張る事があります。
おならを我慢することによってお腹の中にガスが溜まってしまうのです。
人前では出しにくいですが、なるべく我慢しないように出してあげる事が改善につながるのです。
このような症状が原因でお腹が張ったり気持ち悪いと感じているのであれば、運動や食物繊維、乳酸菌などによって腸内環境を整える事によって改善できます。
またガスが溜まりやすいのであればなるべく空気を飲み込まないようにしたり、おならを我慢しない事で改善できます。

スポンサーリンク

お腹が張る、気持ち悪いなどの症状が続いていたらもしかしたら内臓の病気の恐れがあります。
何らかの原因で腸が詰まってしまう事があり、お腹が張ったり気持ちが悪くなって嘔吐してしまう事があります。
これは腸閉塞と呼ばれる病気であり、症状が軽ければ食事制限などで治ることがあります。
他にも過敏性腸症候群などストレスが関係して起こる場合もあります。
ストレスによって症状が出ているのであれば、ストレスの原因を取り除くのが一番の治療方法となります。
難しい場合にはストレスを発散できる方法を見つけておくことです。
女性ではあれば子宮が関係している病気の恐れがあるので、定期的に婦人検診を受けておくことが大切です。
また大きな病気が隠れている恐れもあり、大腸がんや胃がんなどが原因でもお腹が張る、気持ち悪いなどの症状が出てしまう事があります。
症状が長引いているようであれば自分で判断せず早めに医師に相談する事が最も大切なのです。
早めに治療することによって完治させることもできるのです。

スポンサーリンク