お腹が張る 下痢 吐き気

下痢や吐き気を伴うお腹が張る症状の原因とは

スポンサーリンク

お腹が張る、という経験をした人は少なくないのではないでしょうか。
お腹が突っ張った感じがして、パンパンになっているとき、体の中ではどのようなことが起こっているのでしょうか。
まず、お腹が張る原因の一つとして考えられるのは、ガスです。
お腹にガスが溜まることによって、お腹が張ってしまいます。
また、ガスが溜まる原因として、呑気症があげられます。
呑気症とは、食事と一緒に必要以上に空気を飲み込んでしまう症状のことです。
多くの場合、精神面が影響していて、緊張しやすい人や、ストレスを溜めやすい人などは、呑気症になりやすい、と言われています。
また、食事のときだけでなく、無意識に空気を飲み込んでしまうこともあるため、お腹にすぐガスが溜まってしまいます。
このように、お腹にガスが溜まることで、お腹が張るという現象が起こると考えられますが、原因はガスだけであるとは限りません。
実は、重大な疾患を抱えている可能性もあります。

スポンサーリンク

重大な疾患の可能性があるのは、お腹が張るという現象だけでなく、他の症状も見られる場合です。
例えば、吐き気や下痢などの症状があらわれる場合は、急性胃腸炎である可能性があり、食中毒や、人による感染が原因と考えられます。
また、下痢が慢性的に続く場合は、過敏性腸症候群の可能性があります。
過敏性腸症候群は、ストレスなどによって引き起こされるもので、現代その症状に悩む人は増えていると言われています。
また、吐き気や、お腹の張りが長引く場合、肝臓やたんのうなどに、何らかの炎症が起こっている可能性があります。
これらの臓器が炎症を起こした場合、消化機能も悪くなり、それに伴いガスも溜まりやすくなり、適切なガスの排出が出来なくなってしまいます。
このように、お腹の張りだけでなく、吐き気や下痢などの諸症状が見られる場合、病院へ行きすぐに適切な治療を受けることが重要です。
早期発見と早期治療が、そのような疾患の完治のポイントと言えます。

スポンサーリンク