お腹 張る 痛い 下痢

お腹が張る・痛い・下痢になっているという時は、胃腸の風邪かも

スポンサーリンク

寒い時期になるとノロウイルスというウイルスが猛威をふるうようになりますが、ノロウイルスにより起きる発熱・お腹が張る・お腹が痛い・下痢・嘔吐・だるさなどを胃腸風邪と言います。
胃腸風邪とはウイルスによる胃腸炎のことで、ノロウイルスやノタウイルスといったものが胃腸に侵入することにより起こります。
胃腸炎の原因になるものにはウイルスの他に菌や寄生虫などがありますが、寒い時期に起きる胃腸炎はウイルスによるものが多いといわれています。
お腹が張る・お腹が痛い・吐き気などが初期症状として起こり、それから下痢や嘔吐が起こります。
他の症状として、発熱・関節痛・だるさ・頭痛などがあります。
発熱は38度から40度の範囲内で、40度以上が出ることはないそうです。
いつも体温が高い人より、いつも体温が低い人にとっては38度や38度近い熱でもよりつらいかと思いますが、胃腸風邪は2日から3日で回復します。
症状のある間は無理をせず、水分補給を大切にしましょう。

スポンサーリンク

ノロウイルスやノタウイルスといったものは感染するので、家族の中の誰かがなると他の家族にうつるということが多くあります。
感染させないためには、下痢や嘔吐の対処をきちんとすることが大切です。
胃腸風邪になっている人の嘔吐物や便に直接触れてしまうと感染するので、片付ける時は必ずゴム手袋などをして、除菌をしっかり行うことが大切です。
また、胃腸風邪にならないために一番有効な方法は手洗いといわれています。
ウイルスは便に含まれ排出されるので、ウイルスは便に多く存在しています。
なので、トイレから出た時・外出から帰宅した時・食事の前には手洗いをしっかり行うと胃腸風邪の予防になります。
胃腸風邪は大人も子どももなるもので、発熱から下痢・嘔吐などはつらいものです。
ならないために予防することが最善ですが、発熱と共にお腹が張る・痛いという症状があったら風邪というより胃腸風邪かもしれないので、病院で診察をしてもらうと良いと思います。

スポンサーリンク