お腹 張る ゲップ

食後にお腹が張る、ゲップが出る、そんなときの対処法とは

スポンサーリンク

食後にお腹が張る、ゲップが出てしまう、といった症状に悩む人は少なくありません。
胃や腸の状態が良くない、ということもありますが、「呑気症」という疾患である可能性もあります。
呑気症とは、知らず知らずに食べ物と一緒に空気を飲み込んでしまい、それがお腹にたまることで張ってしまい、またそれを排出しようとゲップがたくさん出てしまう症状のことです。
また、食事中だけでなく、緊張してしまう場面で、無意識にごくりと唾を飲み込んでしまう癖がある人や、無意識に歯を噛みしめる癖のある人、噛みあわせが適切ではない人、などの歯に何らかの問題を抱えている人も、呑気症である可能性が高いとされています。
原因はストレス等の精神的なものであるとされており、呑気症に悩む人も少なくありません。
現代はストレス社会と言われていることもあり、また若い人は特に、仕事で緊張してしまう場面なども多くあるため、呑気症の人は増加傾向にあると言われています。

スポンサーリンク

呑気症や、体質的にすぐにお腹が張ってゲップが出てしまう、という人は、人と話すときや仕事中などにその症状が出て、恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。
そのため、有効な対策法が重要となります。
まず、お腹が張る、ということの対処法としては、「温める」ということが効果的とされています。
お腹を温めることで、腸の動きを活性化させ、血の流れが良くなります。
そのため、張って行き場をなくしていた空気がスムーズに流れだし、張りを解消することが出来ます。
また、ゲップが出てしまう症状については、まずは「ゆっくり食べる」ということが重要な対処法です。
食べ物を早く食べがちな人は、空気を飲み込みやすくなり、ゲップやお腹が張る原因となってしまいます。
ゆっくり噛んで食べることで、空気の飲み込みを減らすことができます。
また、常に姿勢を正しくするということも大切です。
猫背ぎみの人は、胃が圧迫され、胃と食堂のつなぎ目部分に負担がかかり、ゲップが出やすくなってしまいます。
まっすぐ背筋を伸ばす姿勢を気を付けるだけで、このような悩みが解消される可能性があります。
食べ方と姿勢に気を付け、健康な生活を送りましょう。

スポンサーリンク