お腹が張る 体重増加

お腹が張る症状と体重増加との因果関係について

スポンサーリンク

お腹が張る症状と、体重増加との因果関係についてご説明いたします。
お腹が張る症状と、体重が増加する現象には相関があります体重が増加するということは、病気や薬物治療による場合を除き、摂取エネルギーの過剰が原因と考えられます。
摂取エネルギー過剰は、暴飲暴食が原因の場合もあれば、脂質や糖質の過剰摂取、または基礎代謝量の低下などが要因となる場合もあるでしょう。
その中でも、暴飲暴食や糖質の過剰摂取は、腸内にガスが溜まる直接的な原因となります。
暴飲暴食をすることで、胃腸が消化不良を起こすと、腸内環境が悪化してガスを排泄する力が弱まります。
その結果、腹部膨満感が残るのです。
また糖質の過剰摂取の場合は、腸内でガスが発生しやすくなる要因となります。
暴飲暴食や糖質の過剰摂取は、中性脂肪の量を増やす行為でもあるため、体重増加とお腹が張ることには関係があると考えられるのです。
腹部膨満感を避けるためには、急激な体重増加に気を付ける必要があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

腹部膨満感の原因は、エネルギーの過剰摂取だけではありません。
場合によっては、腸内環境を整えるための行為が、腹部膨満感につながることもあります。
それは一部の野菜など食物繊維の過剰摂取です。
食物繊維やオリゴ糖は、ビフィズス菌・乳酸菌・納豆菌などの菌類と一緒に摂ることで、腸内で善玉菌のエサとして、その繁殖を促す働きをすることで知られています。
逆に食物繊維やオリゴ糖が不足していれば、善玉菌は十分に繁殖できないため、腸内環境正常化には食物繊維やオリゴ糖が必要不可欠と言えるのです。
ただし、食物繊維は過剰に摂取することで、腸内ガスを発生させます。
食物繊維は水溶性と不溶性に分けられますが、特に不溶性食物繊維は腸内細菌が分解できない成分を多く含むため、腸内ガスが発生する原因となります。
不溶性食物繊維は大豆やゴボウ、きのこ類に多く含まれており、適量であれば腸のぜん動運動を促して腸内環境を整える効果がありますが、大量摂取に気を付けることが大切と言えるでしょう。

スポンサーリンク