お腹が張る おならが出る

お腹が張る、頻繁におならが出るのはガスが溜まっているから

スポンサーリンク

お腹が張る、そしておならが出るという症状の原因は、腸の中にガスが溜まっているからです。
腸の中にガスが溜まっていることにより膨らむため、お腹が張るという症状があらわれるのです。
また頻繁におならが出るのは、ガスが溜まることによって腸内の中にため込まないようにするためにおならとなって出ているのです。
このように体に色々な影響を与えるガスですが、ガスが溜まるのにはいくつか原因があります。
まずは腸の運動が正常に機能していないことがあります。
胃から腸に運ばれた食べ物を、便として肛門に移動させるのが腸の働きです。
しかし、この運動が滞ってしまうとどんどんガスが発生してしまうだけでなく膨らんでしまいます。
膨らんでお腹が張ることによって、さらに動きを鈍くしてしまうのです。
この腸の運動を正常に保つためには、ストレスのない生活を送ることが大切です。
腸はストレスによって影響を受けやすい臓器のため、ストレスによってガスが溜まることがあるのです。

スポンサーリンク

また体の外側だけでなく内側が冷えることにより、動きが鈍くなることがあるため冷たいものを頻繁に飲んだり体を冷やしたりすることを避けることが大切です。
また女性の場合は生理前など、ホルモンの影響を受けやすくなっています。
生理前は便秘になるのもそれらが原因であるため、消化に良いものを食べたり体を締め付ける服は避けるなど工夫をしてあげることが必要です。
食生活からもガスが溜まったり、頻繁におならが出ることに影響があります。
脂っこいものや肉などを頻繁に食べていると、腸の中に悪玉菌が増えてしまいます。
悪玉菌によりガスの量が増えてしまうため、ガスが溜まりやすくなってしまうのです。
ヨーグルトなど悪玉菌を減らす食物を食べたり、適度な食物繊維を摂取することにより、ガスの量を減らすことができるためおすすめです。
また腹筋などを行い、外側から腸の運動を促すことも大切です。
適度な運動と、食生活に気を付けることによりお腹が張る、頻繁におならが出るという症状は改善することができます。

スポンサーリンク