お腹が張る 食欲不振

お腹が張る原因を解消して、食欲不振も解消する

スポンサーリンク

人によって、食べ過ぎているわけじゃないのに、お腹が張ることがあります。
その原因の多くは、腸にガスが過剰に溜まり、それに伴って腸の働きも弱まり便も溜まってしまうからです。
腸にガスが溜まる主な原因は、食べ方と食事面の2つです。
1度に食べる量が少なく頻繁に食べる方は、食事の度に料理や飲み物と一緒に空気を飲み込むためガスが溜まりやすくなります。
また、急いで食べる早食いの方や、食事中に会話をするのが好きな方も空気を過剰に飲み込んでしまいます。
その他にも自律神経のバランスの乱れで、必要以上にストレスや緊張を感じたりする方もなりやすいです。
そして、食事面でいうと、高脂肪のお肉やアイスクリームなどの冷たいものを多く摂られる方は、便秘になりやすいです。
そして、腸に便が溜まると、便からガスが排出されるためお腹が張ります。
また、炭酸入りの飲み物やでんぷん質の多いジャガイモなどのイモ類を多く摂っても、腸内でガスが生産されやすくなることがあります。
お腹が張ると苦しいため、食欲不振につながり体調を崩しやすくなります。
そうならないためには、解消法を知ることが大切です。

スポンサーリンク

そこで、今から解消法を紹介していきます。
お腹が張る原因の1つは、食事中空気を飲み込まないようにすることです。
そのため食事中は、1口食べたら20〜30回以上ゆっくり噛むように心がけて下さい。
このような食べ方に改善すれば、早食いを防ぎ、過剰に空気を飲み込まずに済みます。
そしてストレスも原因の1つなので、食事は出来るだけりらっリラックス出来る場所を選ぶことも大切です。
次に食事面ですが、出来るだけ暴飲暴食を控え、バランスの良い食事をしてください。
食後は30分以上安静にしていると、消化活動がスムーズに行われるため有効です。
それでも、便秘になってしまった場合は、食物繊維の多い食品は、控えて下さい。
余計に便が溜まりやすくなることもあり、便秘は食欲不振につながります。
その変わり、ヨーグルトを食べて下さい。
最近のヨーグルトは、菌が生きて腸まで届くものが多いので、善玉菌を増やし腸の働きを助けてくれます。
またヨーグルトの適度な酸味と甘みは食欲不振を改善してくれる場合もあるので、おすすめします。
お腹のガスを出して、快調な生活を送って下さい。

スポンサーリンク