お腹が張る おなら 臭い

おならが臭いこととお腹が張ることの関係

スポンサーリンク

お腹が張る状態の時に出る臭いおならは、そのお腹の張りが良くないものであることを示します。
良くないものというのは、腸の機能が低下することで便やおならがちゃんと排出されない状態になっているということです。
腸の機能には、消化吸収・不要なものの排泄といったことがあります。
不要なものとは便のことで、便は消化吸収された食べ物の残りかすの固まりです。
残りかすは体内に吸収できなかったもので、もう体内には必要のないものです。
便がちゃんと排出されずに腸内に留まり続けると、便が腐敗して毒素(ガス)を生み出します。
便から生み出された毒素(ガス)は、おならとして排出されることもあります。
便からニオイがするように、腐敗した便から生み出されたおならも臭いニオイがするということです。
毎日のように快便である人は、お腹が張ることや臭いおならが出ることはありません。
腸内環境が良好である人も同様です。
ニオイが強い場合には、腸内環境や腸の機能に問題があるのかもしれません。

スポンサーリンク

しかし腸内環境や腸の機能に問題がなくても、ニオイが強くなることがあります。
その原因は食べたもので、食べたものによってはニオイが強くなります。
特にネギ類にはアリシンという成分が含まれており、アリシンにより強いニオイになることがあります。
食べてしばらくしてからニオイが強くなることもあるので、アリシン効果は分かりやすいと思います。
また、肉類は排便にとっては良くないものとされています。
肉は便を固くするといわれているため、排便がしにくくなりお腹が張ることや腐敗による毒素の生み出しが起きやゆくなるとされます。
排便の助けとなるものは、食物繊維と乳酸菌です。
食物繊維は野菜類に豊富で、乳酸菌などの良い菌たちは発酵食品に豊富に含まれています。
肉が好きであるのなら、食物繊維が豊富な野菜や良い菌が豊富な発酵食品を一緒に摂取したり、料理などで組み合わせて摂取すると良いと思います。
便の腐敗は体臭にも影響するので、毎日の快便を目指すと良いと思います。

スポンサーリンク