お腹 張る 熱

お腹の張る発熱は胃腸の風邪によるもの

スポンサーリンク

熱がある時にお腹が張るという上場を感じた場合は、ウイルスが胃腸炎を引き起こすことでなる胃腸風邪になっていることが多いとされます。
胃腸炎の原因は、主に悪い菌・ウイルス・寄生虫などといわれています。
ウイルスによりなるのは冬季が一番多いとされ、有名なものにノロウイルスというものがあります。
ノロウイルスの他にノタウイルスというものがあり、ノタウイルスは子どもに対して強力な力があります。
子どもに感染した場合は、白い下痢になることが特徴です。
ノロウイルスは体内に侵入してから1日〜2日で症状があらわれはじめるとされます。
症状の出方はさまざまで、徐々に症状が強くなる方もいれば急に強い症状が出る方もいます。
症状の中で一番最初あたりに出るのは、お腹が張る・お腹が痛い・吐き気などの胃腸に起きた異常によるものです。
その後に、下痢・嘔吐が起き始めます。
人により、下痢だけの方もいれば嘔吐だけの方もいます。
また、だるさが出たり関節痛が起きる場合もあります。

スポンサーリンク

頭痛や発熱も伴い、熱の温度38度以上40度未満とされています。
高熱が出ますが、40度以上になることはないといわれています。
ノロウイルスやノタウイルスによる胃腸炎(胃腸風邪)による症状は、2日〜3日で回復するとされます。
急速に回復するので、症状がある間は食事は無理にとらず安静にしていることが大切です。
胃腸に異常が起きているときなので、無理に食べても消化吸収が出来ないので下痢や嘔吐がひどくります。
下痢や嘔吐をすると体内の水分が減ってしまうので、塩分と糖分を適度に含んだ水やスポーツ飲料を飲むことが必要です。
のどが渇いていても一気に飲まず、少しずつ飲むことが大切です。
一度にたくさんの水分が胃腸に入ると、お腹の痛み・気持ち悪さ・下痢が悪化するなどの原因になります。
少しずつ飲んでも吐いてしまうような場合は、脱水を引き起こさないように点滴になることがあります。
点滴は病院で行うので、お腹が張る発熱が時には早めに受診をすると良いと思います。

スポンサーリンク