お腹が張る 癌

お腹が張る原因は癌ということもある

スポンサーリンク

腸内の状態が悪くなれば、お腹が張ることもありますが、実は癌がかかわっていることもありえます。
大腸癌になっている可能性があり、お腹が張るだけではなく便秘や腹痛が続いている場合は気を付けたほうがいいです。
特に毎日排便ができていない場合、大腸癌の腫瘍が排泄物をつまらせていることもあり、腸閉塞を引き起こすことも珍しくありません。
お腹が張るなどが繰り返されている場合は、一度病院で診てもらうとよいです。
大腸癌を悪化させないために重要なのは、早期発見することです。
時間がたてばたつほど、症状が進行していき治療にかかる時間も長くなりまた費用も高額になりやすいです。
血便といった目に見える症状が出てくる前に、対応することを忘れてはいけません。
現在では、早期に発見された癌ならば簡単な処置で治すことができ、再発のリスクを減らすことにもつながります。
お腹が張るということは、腸内で異常が起きています。
長く続くならば放置せずに専門医に相談すれば問題ないです。

スポンサーリンク

排便しにくい状態だからといって、慌てる必要はありません。
お腹が張るということは、腸内にガスがたまっていますので、市販薬などで抜けやすい状態にするとよいです。
食生活の改善を行っていけば、ひどい状態になる可能性を減らせます。
ガスを抜いても、またたまってしまうなど症状の改善が見られない場合は、早めに病院に行き検査を受けることです。
血液検査が行われて異常があれば、内視鏡検査を受けることになります。
腸内を確認しますので、大腸癌があればすぐに発見することができます。
現在の内視鏡の技術は進歩しており、初期のものならばその場で切除するということもできるので、問題なく治療を受けることができます。
大きいものになれば、手術を行う必要がでてきます。
手術を行わなくてもいいようにするためには、お腹が張るという症状がでた時点で対応することです。
医療は進歩していますので、早い段階であれば日常生活に支障をきたすことなく治療が行われます。

スポンサーリンク