お腹 張り 胎児 影響

妊娠中のお腹の張りは胎児に影響があるのか

スポンサーリンク

赤ちゃんがいる子宮は筋肉でできていて母体がリラックスしている時はこの筋肉は緩んでいる状態です。
何らかの影響で母体が緊張や刺激を感じると子宮も同時に緊張して固くなります。
これを子宮収縮といい、妊娠中のお腹の張りの原因です。
初期の頃はお腹の張りを感じると言うよりも下腹部に違和感があったり痛みが感じられます。
この時期は子宮が大きく伸び、子宮を支える靭帯などが引っ張られるため痛みがあります。
心肺が確認できれば胎児に影響はないです。
中期からは母体も胎児も安定期に入るのでお腹の張りを感じることは少なくなります。
体調も落ち着いてきて活動的になったために起こる生理的な張りです。
休んでも張りが続くようなら切迫早産のおそれもあるので病院を受診しましょう。
後期では出産が近くなるので体もお産に向けて準備します。
お腹は今までと違い板のように固くなるので1番張りもわかりやすいです。
張る回数も多くなりますが胎児に影響することはほとんどなく、心配があれば病院を受診すると安心することができます。

スポンサーリンク

お腹が冷えすぎている場合やガードルなどで締め付けすぎている、長時間立ちっぱなしであったりストレスを感じているなど張る原因は様々あります。
お腹が張ってしまった時は焦らずに対処する必要があります。
家にいる時はできるだけゆっくりと安静になりましょう。
ほとんどの場合は少しの間横になって休むだけで落ち着いてきます。
仕事中や外出中で横になることができない場合は椅子やベンチに座るだけでもいいので、まずは休むということを最優先に考えることが大切です。
休んでも変わらなかったり痛みや出血を伴うような場合はかかりつけの病院に連絡して医師の診断を仰ぎます。
早産や流産、胎盤の剥がれがあるなど危険な状態になっている場合があるからです。
病院に行くと胎児は元気なのか子宮口は開いていないかなど診察してくれます。
特に異常がなく早産の心配がなければ、しばらく様子見で大丈夫です。
妊娠中は疑問に思うことや体調の変化など普段と違うことがあるので、不安解消するためにも医師に相談していきましょう。

スポンサーリンク