急にお腹が張る 原因

急にお腹が張る原因としては食事以外にも胃や腸の病気である場合も

スポンサーリンク

急にお腹が張るといった症状で苦しんでいるという人もいるでしょう。
お腹が張る原因としてもっとも多く見られるのが暴飲暴食によるものです。
普通に食事をしているなら問題ありませんが、急激に多くの食べ物が胃の中に入ると消化しきれなくなってしまいます。
そうなるとお腹が張ったような感じになることが多いのです。
食事の後で急にお腹が張るといった場合には、暴飲暴食が原因の可能性が高くなります。
また、腸内にガスが溜まっている場合にもお腹が張ったような状態になることがあります。
イモ類の食べ過ぎや炭酸飲料の飲み過ぎなどは、お腹が貼ってしまう原因となることがあります。
こういった状態を改善するには、張っている部分を温めるということが大切です。
体を温めるということは、その部分の血流が良くなって活動が活発になります。
また、運動をするというのも効果的な方法です。
運動をすると体の活動が活発になるので、胃や腸の働きも活発になってお腹の張りが解消されることがあります。

スポンサーリンク

多くの場合は急にお腹が張るといった症状が出ても、それは食事に問題があります。
しかし、中にはそれは病気の症状の一つである場合もあります。
急にお腹が張る症状が出る病気としては腸閉塞が考えられます。
腸がねじれてしまったり、強い圧力がかかることで腸が詰まってしまう病気であり食べ物が排出されなくなってしまうのでお腹が張ったような症状が現れます。
それと同時に強い吐き気を感じることもあり、腸閉塞は放置していても自然治癒するような病気では無いのですぐに病院に行って適切な処置を受けることが大切です。
腸ではなく胃の病気でも急にお腹が張るといった症状が出ることもあります。
ピロリ菌が胃の中に入ったことによって起きる胃潰瘍もその一つであり、強い痛みや胸焼けしているような感じを受けることがあります。
早期に発見すれば手術の必要がなく薬での治療も可能です。
症状が酷くなると出血してしまったりもするので、出来るだけ早く病院に行くことが大切です。

スポンサーリンク