お腹が張る 赤ちゃん 苦しい

妊娠中にお腹が張るのは赤ちゃんが苦しいのかもしれません

スポンサーリンク

妊娠中の女性のお腹が張ることはよくあることです。
お腹の赤ちゃんは大丈夫なのか、苦しいのではないかと大変心配になります。
お腹が張るというのは、下腹部が締め付けられるように感じたり子宮部分が硬くなる状態です。
子宮全体が硬くなったり一部だけが硬くなることもあります。
お腹の張りは何らかの理由で起こる子宮の収縮によって起こります。
赤ちゃんが成長していくにつれて、子宮を包む筋肉が硬くなったり、子宮を支える靭帯が引っ張られたり、お腹の皮膚が突っ張ったりしてお腹が張るように感じるのです。
お腹が張るのは、主に長時間動きっぱなしや立ちっぱなしの時に起こり、ストレスや疲れで起こることもあります。
お腹の張り方は妊娠時期によって異なります。
妊娠初期は子宮がまだ小さいため張りを感じることは少なく、鈍痛やチクチク痛むことが多いです。
妊娠中期は比較的安定しますが、やはり動きすぎや立ちっぱなしなどでお腹が張ります。
妊娠後期になると、かなりお腹が大きくなっているのでお腹が頻繁に張り、37週目以降になると陣痛の可能性が出てきます。

スポンサーリンク

お腹の張りが出た場合は安静にすることが重要です。
忘れてはならないのはお腹の張りは生理現象として起こっていることもありますが、時には赤ちゃんが苦しいと訴えていることもあります。
安静にしていてもお腹の張りが続く、一時間以内に何度もお腹が張る、出血がある、激痛が走る、いつも以上にお腹が張る、お腹がカチカチに硬いなどの症状があれば危険信号です。
赤ちゃんが苦しい状態で、早産、流産、胎盤のはがれなどの恐れもあり大変危険な状態ですので、早急に病院に行って診てもらう必要があります。
お腹の張りや感じ方は人それぞれ異なります。
安静にして張りがなくなる場合や、出血や激痛がない場合は大抵問題ありませんが、安易に自己判断をしたり人のアドバイスを聞くことは良くありません。
常日頃からお腹のチェックをして、普段と異なる症状や上記の症状が出た場合はすぐに病院に行きましょう。
病院に行くかどうか迷う人もいますが、心配のしすぎでストレスになるくらいなら大げさでも行ってしまった方が安心です。
赤ちゃんを守るのはお母さんなのです。

スポンサーリンク