食後 お腹が張る 病気

食後にお腹が張る病気

スポンサーリンク

食後にお腹が張る原因は、過敏性腸症候群という病気である可能性が考えられます。
過敏性腸症候群とは、腸自体に何も問題がなくても下痢や便秘を繰り返しお腹の異常が起きます。
お腹の異常として感じられるものは、お腹が張ることやおならが出やすい、ガスが溜まりやすい、お腹がゴロゴロ鳴るなどの症状があります。
食後にお腹が張るのは腸の機能が過剰になり、刺激に対して過敏になるからであると言えます。
通常は刺激とならないものが刺激となってしまうことです。
ストレスが原因で、自律神経が乱れることで発症します。
肉体的な疲れや精神的な不安、緊張などが混ざって腸に影響を与えると考えられています。
ストレスが溜まっている時に食後に腹部の違和感を感じやすくなります。
辛いものやアルコール、脂っこいもの、冷たいもの、カフェインを多く含むものを食べたり飲んだりした後に特に起きやすいです。
原因がストレスのため、ストレスを緩和させて消化の良いものを摂ることで病気を改善させることが出来ます。

スポンサーリンク

病気の症状を改善させるためには、腹部を温めて血行を良くすることも効果的です。
毎日お風呂に入る習慣をつけて血行を促進します。
また、お腹が張るのはガスが溜まることで起きます。
あまり噛まずに食事を取るとその分、空気を飲み込んでしまうためよく噛んで食事を取ることが良いとされています。
暴飲暴食の癖がある場合は、あまり噛まなくても消化に影響を与えないものを摂るようにします。
感情表現が苦手な人ほどストレスを溜めやすく、過敏性腸症候群になりやすいと言われています。
ストレスを発散できるような場所や趣味などを見つけることでストレスが解消される場合があります。
一日の中で心からリラックスできる時間を作ることも良いです。
症状が重い場合は、整腸剤を使うこともありますが基本的にはストレスを軽減させることで完治を目指します。
生活環境を向上させてストレスのない状態が必要です。
病院でカウンセリングを受けることも手段の一つとなります。

スポンサーリンク