10代 年代別 お腹が張る

10代は年代別の中でも食後にお腹の張りが出る

スポンサーリンク

10代は健康体ばかりというイメージがあるため、食後のお腹の張りとは無縁のように思うかもしれませんが、そうではありません。
若いからこそ起こるリスクを知るだけでも納得できるはずです。
年代別に見ても少なくはないことが理解できるでしょう。

 

 

【食事との組み合わせがお腹の張りを生む】
10代は食後のお腹の張りが出ないように思うでしょうが、炭酸飲料を一緒に摂取するのが、ほかの年代別よりもはるかに多い傾向があります。
それが胃を圧迫し、結果的にお腹の張りが感じられます。

 

 

年代別に見ると健康体という傾向が強いものの、食事との組み合わせによって、食後の不快感を呈することが多いのです。

 

 

【不規則な生活が影響することも】
10代は不規則な生活を送っているケースが多く、それが体調不良に波及します。
学生の場合は社会人に比べて時間の自由が利くため、年代別でも生活の乱れは断トツです。

 

 

規則正しい生活が胃腸の働きを促しますが、生活サイクルが乱れている10代の若者は、どうしても食後のムカムカやお腹の張りが感じられるのでしょう。

スポンサーリンク

【集中しない食べ方もいけない】
食事は「ながら食べ」をすると、よく噛まずに済ませてしまったり、急いで飲み込んで空気までも胃に貯めこんでしまうことがあります。

 

 

10代は食事に集中するというスタイルが崩れやすく、年代別に見ても食事への頓着が少ないのが特徴です。
ですから、食後のことを考えることなく、無造作に摂取するという失敗を起こすのです。

 

 

食後に感じるお腹が張る感覚は、食事そのものに集中する精度が欠ける10代にも起こります。
ほかの年代とも違った生活事情が関与して、不快感を感じる可能性が高まります。
生活習慣や食事への心構えが、健康を害するきっかけになっているのです。

スポンサーリンク