食後 お腹が張る ガス

食後にお腹が張るのはガスのせい

スポンサーリンク

食後にお腹が張るのはガスが体内で発生している可能性があります。
胃腸で消化される食べ物は、ガスを発生するものが存在します。
偏った食生活であれば、そのリスクが高くなり、結果的に便秘になったり、お腹の張りが気になることへ繋がります。

 

 

【消化不良が原因に繋がる】
暴飲暴食を繰り返す日々を送っていると、想像以上に胃腸への負担が加わります。
これが消化不良の原因となり、お腹が張る状態をまねきます。

 

 

人よりも食事のスピードが速い人も要注意です。
食後にお腹が張るのは、食べ方も関係しています。
よく噛んで食べるということが、健康にどれだけ関係するかを学び、スピードのコントロールを図りましょう。

 

 

【食べ物に気を付けるだけでも違う】
食後のお腹が張る状態は、摂取するものに気を配るだけでも違います。
消化に悪いものを避けて摂取するだけでも、体内で発生するガスを抑えられます。

 

 

梅干しや柑橘類に含まれるクエン酸を意識して摂取することも大切です。
水溶性食物繊維も腸の働きを助けてくれるので、ごぼうなどの野菜を積極的に取り込むことも有効です。

スポンサーリンク

【食生活は健康の根幹を担う】
食後にお腹が張る状態は、食生活を見直すだけでも改善されます。
ガスが発生しにくい食材を取り入れて、栄養バランスを考えてみることが第一歩です。

 

 

食べ方にも気を付けて、「よく噛む」ということに意識を向けましょう。
すると、ガスの発生が抑制され、おならの匂いも今までよりは臭くないという状態になるかもしれません。
それでもお腹の張りが解決できない時には、医師に相談するのがおすすめです。

 

 

食後のお腹の張りが気になるのであれば、摂取するものに気を付けてみましょう。
ガスが発生しにくい食材を知っておくことも大切ですし、バランスを考えた食事や、食べ方にも気を遣うだけでも症状の軽減や消失が図れるかもしれません。

スポンサーリンク