生理 お腹が張る 対策

生理がこないでお腹が張る時の対策

スポンサーリンク

生理がこないというだけでも心配になるでしょうが、女性はお腹が張るという感覚に敏感です。
もしかしたらという不安を払しょくし、あとは健康管理の徹底が重要。
そのためにも、すぐに行うべき対策をここでは説明します。

 

 

【妊娠検査は迅速に行うべき】
生理がこないと感じてからどれくらいの時間が経過しているかにもよりますが、一度は妊娠検査を行うべきではないでしょうか。
男女の関係を持っていないというのであれば、それは省略して構いません。

 

 

妊娠によってお腹が張ることもあるので、生理がこないという時には、まずは消せるリスクから手を付けるのがおすすめです。
それが今後の対策を立てる手掛かりにもなるでしょう。

 

 

【病院受診で対策を練ることも大切】
内科や消化器科を受診すると、胃腸の働きが把握できます。
消化不良を起こした時にお腹が張ることがあるので、生理がこないという悩みも含めて相談するのが良いでしょう。

 

 

はじめは産婦人科を受診し、そこで妊娠のリスクが否定されたのであれば、今度は消化器系の評価を行うべき。
すると、これから取るべき対策がはっきりします。

スポンサーリンク

【ホルモンバランスも考える】
ホルモンバランスが崩れると、生理がこないという悩みが出現したり、お腹が張る感覚が出現するケースが少なくありません。
早期閉経も考えられるので、若いからといって安心してはいけません。

 

 

ストレスが大きかったり、生活習慣が乱れてしまうことでもホルモンバランスは乱れます。
日常生活で思い当たるものがある場合には、生活の見直しから始めてみましょう。

 

 

生理がこない状況に加えて、お腹が張るというのは不安を格段にアップさせます。
妊娠の有無を確認するのが先決ですが、できれば内科や消化器科を受診して、胃腸の働きを評価し、今後の対策を享受するのが今後のためにも役立つ情報になるでしょう。

スポンサーリンク