お腹が張る 原因 女性

女性がお腹が張る時の原因

スポンサーリンク

女性は体の構造的にお腹が張ることが多い体質となっています。
原因は生理の関係からきています。
特に生理前になると、子宮が妊娠の準備を始めるために水分や栄養をしっかりと溜め込むようになる時期です。
その為お腹がすいていつもよりも多く食べてしまうことがあります。
それによって、腸が圧迫されて機能が低下するので老廃物が溜まりやすくなり、溜まった老廃物からガスが発生することでガスの影響でお腹が張るようになります。
また、女性に多いもともと便秘体質の人もお腹が張ることが多いです。
便が溜まり、老廃物からガスが発生することで生理の時と同様の原因でお腹が張ります。
それ以外には、早食いをしたり飲み過ぎなどの暴飲暴食をすることで胃腸に負担がかかることで消化不良を起こしていることが原因の時もあります。
また、女性の場合ストレスによって空気を無意識に飲み込んでしまう呑気症の影響で腹部の張りが起きることもあると言われています。

スポンサーリンク

何が原因でも、腸の働きを助けてあげることが大切です。
朝起きてから朝食を食べる前に腸に溜まったガス抜きのためにマッサージを行うと良いです。
仰向けに寝て両膝を立てたら、腸のあたりを少しずつ押したり揉んだりしていくことです。
痛みを感じるほど強く力を入れるのは禁物なので、軽くマッサージする程度で押したり揉んだりします。
入浴を心がけて腹部をなるべく温めるようにすることで、改善されることも多いです。
お腹を冷やさないような服装を心がけて、締め付けの強い下着は控えます。
締め付けが強い下着を付けると血行が悪くなるので、症状が悪化する場合があるからです。
ゆったりリラックスして過ごせるようにすることです。
炭酸飲料などガスを発生させやすい飲み物は控えて、食事を取る時もゆっくりと噛みながら少しずつ時間をかけて食べていくことで口から体内に入る空気を最小限にすることが出来ます。
消化の良いものや温かいものを食べることでも腸の働きをスムーズにすることが出来ます。

スポンサーリンク